【リーンスタートアップ】新規事業立ち上げプロセス7STEPと重要ポイント

新規事業では、既存のノウハウが通用しないケースが多々あります。

顧客ニーズを的確に掴みきれない場合は、結果を出す前に新規事業が頓挫してしまう可能性もあります。

このようなリスクを回避する際、注目されているのが「リーンスタートアップ」というマネジメント手法です。

リーンスタートアップでは、実際に製品やサービスをリリースする前に、プロトタイプ(試作モデル)で顧客の反応をチェックします。

適切な効果検証を行って、改善・改良を繰り返し、新規事業失敗のリスクを低減させることが狙いです。

ここでは、このリーンスタートアップを取り入れた新規事業立ち上げのプロセスを見ていきましょう。

参考記事>>>新規事業の始め方6つの基本的なプロセスを分かりやすく解説
参考記事>>>プロセス次第で結果が異なる?新規事業の立ち上げのポイント

 

新規事業の立ち上げのプロセスを7ステップで紹介

新規事業の立ち上げのプロセスを7ステップ

新規事業を立ち上げるには、コンセプトの構築やメンバー選定、ビジネスモデルの策定など、さまざまなプロセスを踏む必要があります。

新規事業の立ち上げに必要なプロセスを、下記の7ステップで紹介します。

  1. コンセプト構築
  2. メンバー選定
  3. 社内への通知
  4. アイデアのスクリーニング
  5. 基本戦略の構築
  6. 事業化の検証
  7. ビジネスモデルの設計

 

1. コンセプト構築

最初のプロセスでは、新規事業のコンセプトを具体的に定める必要があります。まずは以下のポイントを明確化しましょう。

  • 新規事業の主戦場
  • 新規事業の目的
  • 具体的な成果目標

「新規事業をどの分野で展開していくのか」は基本的な問題です。

今後、企業として影響力を大きくしていきたい分野を絞って、主戦場を設定します。

また、そもそも新規事業を展開するに至った理由が「新たな事業の可能性を探る」のか「経営状態をより安定させたい」のかでは、その後の事業展開も変わってきます。

「なぜ今、この新規事業が必要なのか」という目的は明確にしておかねばなりません。

さらに、事業として展開するからには具体的な成果目標も必要です。目指すべき売上や利益を数値で表わせば、今後の事業戦略も練りやすくなります。

上記に加えて、時間軸要件を定めておくことも重要です。

  • 「2年以内にローンチ(リリース)する」
  • 「3年以内に黒字化する」

など、時間軸の数値目標も定めましょう。

 

2. メンバー選定

コンセプト構築と同時に行いたいのが、プロジェクトチームの編成です。

新規事業は未知数の要素が多く、既存のノウハウが通用しないシーンが多々あります。

メンバーを選定する際は自ら考え、検討し、主張できる人が望ましいでしょう。

ただし、新規事業のメンバーには多様性が必須です。

さまざまな視点からアイディアを抽出したり評価したりできるよう、職種・事業領域・担当業務などが偏らないよう注意しなければなりません。

参考記事>>>新規事業を任せるのに向いている人・向いていない人の見分け方
参考記事>>>【失敗しない】新規事業立ち上げの「メンバー選び」と「役割」を解説

 

3. 社内への周知

メンバーが決まったら、新規事業のプロジェクトチームが作られたことを、全社に通知します。

通知することで選ばれたメンバーのモチベーションが上がるうえ、いざというとき社内からの協力を仰ぎやすくなるというメリットがあります。

また、新規事業プロジェクトのチームメンバーは、従来の仕事と新規事業との間で板挟みになるケースも少なくありません

新規事業について社内に周知しておくことで、職場全体の理解を得やすくなります。

 

4. アイデアのスクリーニング

新規事業がキックオフしたら、プロジェクトチーム内で事業化可能な顧客ニーズを抽出します。

このとき注目したいのは以下の2点です。

  • 市場の将来性
  • ニーズの強さ

すでに成熟しきっている市場で新規事業をはじめても、大きな成功を得るのは困難です。

事業としての成功を目指すなら、今は参入者が少ないけれど今後拡大していく可能性がある市場を見つける必要があります。

一方、市場ニーズの強さも重要です。

強いニーズがあれば、顧客が対価を惜しみません。需要は少なくとも、ニッチなビジネスとして成功する可能性はあります。

参考記事>>>新規事業の立ち上げに成功するためのアイディア創出法と考え方
参考記事>>>儲かる新規ビジネスのネタを発想する4つの方法
参考記事>>>
【絶対失敗しない】新規事業におけるニーズ調査方法やポイント、注意点

 

5. 基本戦略の構築

新規事業の基本戦略を構築する際は、次のポイントを意識しましょう。

  • ペルソナ
  • 競合

ペルソナは、誰の悩みを解決するかのターゲットとなる人物です。具体的に設定することで、事業戦略はより明確なものとなります。

また、競合とどのようなポイントで勝負するのかも重要です。

コストや付加価値の高さなど、勝負ポイントはさまざまあります。ここを明確にすることで、今後の戦略が見えてくるでしょう。

 

6. 事業化の検証

新規事業成功の可能性を見極めるため、計画の仮説を立てて検証と評価を行います。

実際に顧客にプロトタイプを利用してもらい、リアルな声を参考にしましょう。

ここで望ましい評価を得られなかった場合は、改良を重ねてブラッシュアップしていきます。

実際に顧客に参加してもらうことで、顧客ニーズと新規事業の目指すところが同じ方向を向くようになるはずです。

 

7. ビジネスモデルの設計

基本戦略を練るのと同時に、その戦略をいかに実現させていくかを設計します。

具体的には、次の3つを明確にしましょう。

  • 収支計画:売上高を推定する
  • 投資計画:どのくらいの開発投資、設備投資が必要か算出する
  • 人員計画:営業組織、技術組織、生産組織など、事業運営のために必要な組織体制をイメージする

このプロセスでは、モノ・カネ・ヒト・情報の流れを具体的にすることが大切です。

 

新規事業の立ち上げのプロセスにおける重要な3つのポイント

新規事業の立ち上げのプロセスにおける重要な3つのポイント新規事業を成功させるには、

  • 各プロセスで適切な検証を行うこと
  • タイミングを誤らないこと
  • リソースを十分に確保すること

などが必要です。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

 

1. ビジネスフレームワークを活用する

新規事業の事業計画や課題解決の検討が不十分だと、期待した成果を上げるのは困難です。

新規事業の立ち上げでは、逐次必要なフレームワークを活用して、十分な分析を怠らないようにしましょう。

新規事業の立ち上げで使えるビジネスフレームワークとしては、以下のようなものがあります。

  • VRIO分析:経営資源の強さを判断するためのフレームワーク
  • ポジショニングマップ:同じ市場の競合と自社を比較するときのフレームワーク
  • 3C分析:自社や競合他社の強み・弱みを見極めるときのフレームワーク
  • MVV:新規事業の理念やビジョンを決めるときのフレームワーク

なお、新規事業を立ち上げた後も、継続的な分析は必要です。業績が芳しくないときはいつ撤退すべきかの判断材料ともなります。

 

2. プロセスに時間をかけすぎない

市場参入にはタイミングが重要です。各プロセスに時間をかけすぎると、市場のニーズが薄れたり強力な競合他社が現われたりすることがあります。

効果検証を丁寧に行って、失敗のリスクを排除することは間違いではありません。

しかし、慎重になりすぎて参入のタイミングを見失わないよう注意してください。

 

3. 足りないリソースは外部から補う

新規事業に必要なリソースをすべて社内でまかなおうとすると、できることが限られてしまいます。

必要であれば、外部リソースを利用することも考えておきましょう。

近年はオープンイノベーションの手法もごく一般的になってきました。

必要に応じて専門的な知識やスキルを習得した外部のプロを入れれば、各プロセスの質・スピード感が大幅にアップするでしょう。

参考記事>>>【失敗しない】新規事業の立ち上げで外注すべき業務4選とは?
参考記事>>>【必読】新規事業でよくある「相談事例」と「おすすめの窓口3選」を紹介

 

【まとめ】新規事業の立ち上げのプロセスはプロに相談して効率化

新規事業の立ち上げでは、常に顧客目線でプロセスを踏んでいく必要があります。

顧客のニーズや市場の将来性などを十分に検討して、確実に利益を上げられる事業展開を考えましょう。

とはいえ、新規事業は不確定要素が多く、プロセスを踏むうちに先が見通せなくなることもあるかもしれません。

十分な効果検証が行えていない、社内リソースが足りないなどの不安が生じたら、新規事業について豊富なノウハウを持つプロの手を借りることも検討しましょう。

プロなら、今取るべきアクションを適切に教えてくれます。

新規事業の目的や目標が本来のものと大幅にずれる前に、各プロセスの軌道修正と効率化を図ることが必要です。

新規事業でお困りの際は、ぜひ一度、新規事業の収益化が得意な私たち株式会社Pro-d-useにご相談ください。

3回までは無料でご相談をお受付いたします。