Pro-D-useとは?

「答えがない」「独自性の強い」「難解な仕事」
を得意とするテンプレートのソリューションが嫌いな
中小企業専門のコンサルファーム。

私たちは答えのない難解な仕事を得意とする、”現場型”のプロフェッショナルコンサルティングファームです。依頼内容は例えば、「新規事業開発」「2代目3代目経営者の支援」「BtoCからBtoBへの転換」や「BtoBからBtoCへの進出」「地方企業サービスの東京進出支援」です。 “独自性が強過ぎる”、“失敗の可能性が高い”と判断され、既存のコンサルティングファームやBPOソリューション会社が受けない様な事業構築の仕事を、逆に喜んで引き受けております。その会社や経営者でないとできない独自の事業構築をお手伝いするので、企画から戦略設計や、実際に貴社の名刺を持って現場で稼働(営業に行く、外部パートナーを探す、手を動す等)することまで一気通貫でおこないます。

またクライアントだけでなく、従業員の独自性も活かすため、今後も従業員数は大規模には増やさずに少数精鋭のミニマムな集団であり続けます。手塩にかけた我々のコンサルタントを、あなたの右腕・左腕として迎い入れてください。

Pro-D-use 3つの強み

1_テンプレート“0(ゼロ)”宣言

断言できるのは、中小企業の経営者が抱える課題は、「他社で上手くいったから、あなたも上手くいくはず」といった押し付けのテンプレート型ソリューションでは根本の解決はできません。経営者であれば、今、そして日々、何かしらの想いを持ちながら事業を行なっているハズです。その想いを表現するのに、果たしてテンプレート型ソリューションで実現はできるでしょうか?

2_中小企業 × 新領域専門のコンサル会社

新規領域というと幅はとても広いですが、弊社が得意にしているのは本当にまだ世の中にない商品・サービス創りや、その会社にとっての”初めての取り組み”を現場に入ってやることです。よくある「事業計画書を書くだけ」「メソッド提供とアドバイス、セミナー教育だけ」の会社ではありません。

3_人材の質

弊社は外部資本も入っておらず、借り入れも無し。だから堂々と”少人数精鋭”を守れる我々のコンサルタントの採用率は5%以下。採用で重視している点は、実はスキルではありません。最重要ポイントは「人柄」と「Wantがある人材」です。この理由は、あなたの元に伺う私たちコンサルタントからお話させて頂きます。

Pro-D-useと他社との違い

他業種との比較

よく比較される業種群との比較表です。新しいことをやるのに、稼働が伴わないパートナーは使いものにならないと我々は考えます。実際に比較をすると、新規サービス開発×独自性(テンプレ不可)の領域であれば、Pro-D-useが他の会社より優れていることがお分かりになると思います。

Pro-D-use 中小コンサル会社 士業 BPO
クラウドソーシング
新規ビジネス力 対象領域 テンプレ・メソッド重視 ×対応範囲外 ×対応範囲外
並走力 現場にも入ります
※プランによる
×アドバイスのみで
現場には入りません
×アドバイスのみで
現場には入りません
対象領域内なら可
相性の確実性 確かめてから発注可 担当交代は可能? ×担当後に相性が判明 担当変更は可能?
カスタマイズ力 カスタマイズ前提 テンプレ・メソッド重視 テンプレサービス ד決まった作業”のみ
現場力 名刺を持って稼働します ×3時間・1回助言のみ/月 ×専門作業と助言のみ 不明

ポジショニングマップ

よく比較される業種群との比較表です。新しいことをやるのに、稼働が伴わないパートナーは使いものにならないと我々は考えます。実際に比較をすると、新規サービス開発×独自性(テンプレ不可)の領域であれば、Pro-D-useが他の会社より優れていることがお分かりになると思います。

ポジショニングマップ

丸の大きさ=担当者の負荷・金額の大きさ

Pro-D-useが特に得意している4つのこと

  • 1_新規事業やサービスの”開発者”

    「新しい商品を作って販売したいが、社内にやる気のある人がいない」「今のままでは事業が縮小していくのは見えているので、今のうちから新しい芽を見つけて育んでいきたいが、やれる人がいない」といった悩みを持った経営者の挑戦を支援します。

  • 2_2代目3代目社長の”並走者”

    「先代から引き継いだ事業だけでなく、自分らしい事業もおこなっていきたい」「社内の社員が自分の顔色ばかり伺っていて主体的な動きをしてくれない」「生え抜きで育ってきたので”正解の探し方”が分からない」 こんな次世代経営者を支援します。

  • 3_事業領域の”転換者”

    「BtoBビジネスしかやっていなかったが、 BtoCの事業領域に飛び出したい!」「BtoCビジネスに限界を感じているので、BtoB領域にもチャレンジしていきたい!」といった経営者のチャレンジを支援します。

  • 4_地方企業の東京進出の”代行者”

    「絶対に作っているモノには自信がある。この商品を東京に進出させ知名度を上げていきたい!が…販売力には自信がないし、土地勘もないので、東京にオフィスを構えるのもリスクがあるなぁ…」と考えている経営者のチャレンジを支援します。