ウチみたいな小さい会社でもコンサルタントは必要なの?

  • 2018年12月26日

これは良くいただくご質問ですが、(セールストークっぽく聞こえてしまうとは思いますが)本来、企業規模の大小はあまり関係ないかと思います。

むしろ企業規模よりも、その経営課題の大きさや難解さの方で、「必要」「不必要」をご判断されるべきかと私たちは考えます。

私たちの経験上、特に10人以上の企業規模の経営者の方となると、(すみません、失礼な言い方になってしまいますが…)従業員様から業務内容の報告を聞いているだけで、本当の現場状況を把握しきれていないケースが大半です。現場の情報が経営者に正確に伝わらなければ、確実に経営の意思決定に支障をきたします。経営・事業・現場状況判断の誤りは、(大げさではなく)かなりの致命傷です。

そういった理由から、優秀(危機感がある)な経営者様は「裸の王様」にならぬよう、自身に対して適切な意見やフィードバックを外部に求める傾向がございます。社外に客観的な目線を受け、他社でコンサルタントとしての訓練を受けている従業員(コンサルタント)をもう1人雇うことは、自分や自社を冷静に見つめ直す機会をつくりだし、会社があらぬ方向に向かわないための上手なリスクヘッジと言えるでしょう。(これもセールストークっぽくなってしまいましたが、本当にそう思っています。)