【要点サマリ】新規事業の企画書作成のポイント5選を公開

企画書は、新規事業が採用されるかどうかを大きく左右する重要な書類なので、新規事業の目的やメリットなどを明確にし、作成することが大切です。

本記事では、新規事業の企画書の作成で押さえるべき5つのポイントを解説します。

参考記事>>>新規事業の計画書はテンプレートを使って「楽に・確実に」!

 

新規事業の企画書で明記すべき5つのこと

新規事業の企画書で明記すべき5つのこと
新規事業の企画書で明記すべきことは主に下記の5つです。

企画した理由

  1. どういった事業内容なのか
  2. コストはどのくらい掛かるのか
  3. どんなリスクや課題があるのか
  4. 実現可能性とその後の方針

あなたの企画書を読む経営者や責任者に、新規事業の価値や自分の熱意が伝わるようポイントをしっかり押さえて作成しましょう。

 

1.企画した理由

まず書くべきなのは「新規事業を企画した理由」です。

その事業がなぜ自社の利益になるのかを、客観的な証拠に基づいて説明しなければなりません。

どれほどよい企画であっても、会社に利益をもたらさなければ意味がありません。別の会社ではなく、なぜ自社がその新規事業に参入すべきなのかを明確にしましょう。

さらに「売り上げが伸びそう」や「参入している企業が少ない」といった理由だけでは企画書として説得力がありません。

  • 顧客の動向
  • 競合企業の動向
  • 自社の技術や商品

など、複数の要因を上げて新規事業の価値を説明するのがベストです。

参考記事>>>【絶対失敗しない】新規事業におけるニーズ調査方法やポイント、注意点

 

2.どういった事業内容なのか

新規事業の企画書になくてはならない項目は「この事業で何をするのか」です。

とくに以下の点は明確に記載しなければなりません。

  • 誰をターゲットにするのか
  • どんな商品・サービスを提供するのか
  • どんな方法を使うのか

ターゲットは「若者」や「男性」といった大まかなものではなく、「20代から30代で仕事と家事の両立に難しさを感じている働く女性」などのように具体的な設定が必要です。

商品やサービスについても、具体的なイメージが描かれていなければなりません。

商品やサービスを提供するビジネスモデルも企画書に盛り込むと、より説得力のあるものになるでしょう。

 

3.コストはどのくらいかかるのか

新規事業の企画書を受け取る経営者にとって気になるポイントは「その新規事業にいくらかかるのか」です。

決裁者は、新規事業が成功する可能性と、新規事業にかかるコストを考慮して実際に参入するかを決定します。

企画書ではできるだけ細かい項目を作り、どんな分野にいくらの費用がかかるのかを記載します。

お金ではない資産が必要になるのであれば、いつまでにどのくらい必要になるのかを明記するのが望ましいでしょう。

 

4.どんなリスクや課題があるのか

新規事業の立ち上げには、リスクや課題がつきものです。

企画書では新規事業のメリットや事業に対する熱意だけでなく、客観的に見たリスクや課題についても明記しなければなりません

新規事業を立ち上げる際に解決しなければならない課題や、失敗に終わるリスクがあれば、きちんと企画書に盛り込んだ方がよい印象を与えられます。

加えて、新規事業が既存の事業に与える影響も考慮します。

新規事業によって、既存事業の顧客がそちらに流れてしまう恐れがあるなどのケースでは、その点も企画書に書いておきましょう。

 

5.実現可能性とその後の方針

新規事業のメリットや課題・リスクなどを総合的に考慮したうえで、事業実現の可能性を企画書で示します

100%成功する新規事業は存在せず、30%から40%程度の実現性があれば十分です

企画が通ったあと、どのようなプロセスで業務を進めていくかを書けばより説得力のある企画書になるでしょう。

 

新規事業を立ち上げるうえでの企画書の重要性

新規事業を立ち上げるうえでの企画書の重要性
前述している通り、新規事業を立ち上げるうえで、企画書は関係者にその新規事業のよさを理解してもらう最初のステップです。

企画書を通して、作成者がいかに熱意をもって企画を考えているかを伝える重要なものです。

どんなによい企画であっても、企画書でそれを伝えられなければ、新規事業の立ち上げが失敗に終わる可能性もあるのです。

そうならないためにも、緻密な準備を行ったうえで企画書を作成し、新規事業を立ち上げられるようにすべきです。

 

新規事業の企画書を通すための2つのポイント

新規事業の企画書を通すための2つのポイント
新規事業の企画書を通すためには、押さえておきたい下記のポイントがあります。

  1. 相手の共感を得る
  2. 企画の内容は簡潔にまとめる

企画書が通りやすくなる2つのポイントを見ていきましょう。

 

1.相手の共感を得る

企画書を通すために重要なのは、相手の共感を得られるかです。

  • 現在、会社が抱えている課題
  • 新事業によって得られるメリット
  • 新事業の将来性

などを企画書に分かりやすく記載します。

自分の熱意も重要ですが、相手が自分と同じ目線で新事業を見てくれるような企画書が理想的です。

決裁する相手についても分析し、保守的か革新的か、理論的か感情的かによって資料や企画書の内容を変更することも検討しましょう。

 

2.企画書の内容は簡潔にまとめる

決裁する相手は忙しく、時間がないことを考えると、分厚い企画書や資料が通りにくくなると想像できます。

企画書は短時間で読めるよう簡潔にまとめるのが基本です。

人が深く集中できるのは、15分といわれています。

企画書を作成する際のポイントを押さえつつ、15分以内で読んでもらえるページ数にまとめましょう。

参考記事>>>思わず共感してしまう新商品のプレゼンを行うためのポイントは

 

【まとめ】新規事業の企画書は論理的で簡潔にまとめるのがベスト

新規事業の企画書を作る際は、熱意を知ってもらいたいと思ってかなりの文章量になりがちです。

しかし、企画書を読む相手のことを考慮すると、新事業の目的やメリット、課題を論理的にまとめ、かつ簡潔にするのがもっともよい方法です。

相手の共感を得られるようポイントを押さえつつ、簡潔で理解されやすい企画書を作成しましょう。

もしも、

  • 「自力で企画書の作成が難しい」
  • 「社内の従業員向けにもっと説得力のある企画書を作成したい」

という課題をお持ちであれば、新規事業の収益化を得意とする株式会社Pro-d-useに一度ご相談ください。