中小企業の経営コンサルティング会社 (株)Pro-D-use【プロディーユース】のロゴ

スタッフ紹介

staffスタッフ紹介

スタッフ紹介

Pro-D-useのプロデューサー(コンサルタント)のご紹介

小笠原亮太(おがさわらりょうた)
代表取締役社長 兼 事業プロデューサー

2009年 (株)リクルート 入社

その後、飲食店専門コンサルティング会社に転職し、わずか半年で主任に昇格。2年間勤務後、2015年に株式会社Pro-D-useを創業。“コンサルティング”の枠組みには囚われない商品作りで、担当する全ての顧客を売上UPに導く。その後、株式会社Pro-D-useを設立。リクルート時代はチーム表彰など多数受賞。組織をやる気にさせる仕組み作りや、無形のものを有形化し、意思統一する事を得意としている。

岡島光太郎(おかじまこうたろう)
取締役副社長 兼 事業プロデューサー

2009年 (株)リクルート 入社

2013年Webマーケティングコンサル会社に転職後、営業や新卒・中途採用の責任者を務める。その後、アソビュー(株)において2 ヶ月で営業マネージャーに昇格し、営業メンバーマネジメントや、新規事業開発(事業者のコンサルティング)にも従事。その後、株式会社Pro-D-useの取締役副社長に就任。リクルート時代に、MVP・MVTなど個人・マネジメント賞を多数受賞。成果を上げる営業の仕組み作り、Webマーケティングを主軸とした売れる仕組み作りを得意としている。

伊澤亮(いざわりょう)
事業プロデューサー

大学卒業後、オイシックスドット大地(株)に就職。

入社1年目から、新規事業として立ち上がったばかりの飲食店の責任者に着任。徹底的なマーケティング調査をもとに赤字続きだった店舗を黒字化、昨対比150%を達成。その後、飲食専門コンサルティング会社に転職し、現場で培った業績向上ノウハウでラーメンや焼肉店を営む企業を中心にコンサルティングを行う。クライアントの平均昨年対比は130%を越えるなど実績多数。その後Pro-D-useの理念に共感し、創業メンバーとして参加、現在に至る。「社長のビジョン達成」をモットーに、日々クライアントのビジョン達成の伴走者として、コンサルティングを行っている事業プロデューサー。
古田写真_Comingsoon

古田晃(ふるたあきら)
チーフプロデューサー

多くの人たちとともにもっと幸せに。

1971年生まれ。これまでに業界をリードする5社それぞれで力を発揮。そのキャリアでは一貫して、お客様を課題解決へ導くサポート役を貫く。東京エレクトロンでは、シリコンバレーでの海外駐在で揉まれ、苦手だった英語力を克服しながらのサバイバルに成功。米国のサポート部門立ち上げにも献身。2000年、IT業界へ飛び込む。Microsoft(マイクロソフト)で、14年間に渡り営業現場の第一線で活躍。担当顧客の意思決定権者の懐刀として、ただならぬ信頼を得てきた。ありあまる行動力を活かす場を渇望し、2018年、ビジョンに強く共感したPro-D-useへ参画。
コンサルタントの宮崎

宮崎彩美(みやざきあやみ)
プロデューサー

オーストラリアに留学後、7年間旅行添乗業務や海外旅行手配業務に従事する。

国内外から改めて日本を見てその魅力を再確認し、もっとたくさんの人に日本を楽しんでもらう為地方や地域企業の発展をサポートしたいという思いから株式会社Pro-D-useに入社。学生時代から海外に出ており、過去約40カ国に渡航経験あり。
コンサルタントの谷古宇

谷古宇絵利香(やこうえりか)
プロデューサー

2009年 都内大手結婚専門式場に就職

ウエディングプランナーとして何組ものオリジナリティ溢れる結婚式をプロデュース。営業力と接客が高く評価され、同グループ内の高級スポーツクラブへ出向し営業兼受付を担当。業務改善と営業手法改善に努め、約1年で業績貢献の賞を多数受賞。その後、環境事業のベンチャー企業にて、人事・総務・新規事業営業・内勤・秘書と兼務、オールマイティプレイヤーとして活躍。面接回数は1年で150回以上を超える。その後Pro-D-useの活動・理念に深く感銘を受け入社。企業の業務改善・効率化、人事採用を得意とする。

樽宏明(たるひろあき)
人事プロデューサー(パートナーコンサルタント)

2009年(株)リクルート入社。

営業時代にMVPをはじめ社内表彰を多数受賞。2013年より新事業・新サービスの立ち上げ。2年間で売上約13億事業に成長させる。その後、人事コンサルタントとしてリクルートで最大手のクライアント群を担当し、MVP受賞。最大のパフォーマンスを発揮する組織作りを得意とする。
パートナーコンサルタントの萩原

萩原洋介(はぎわらようすけ)
飲食店プロデューサー(パートナーコンサルタント)

2004年、同支社大学卒業後、飲食店の現場を経験し、アメリカ、日本で飲食店専門のコンサルティング会社で経験を積む。

全国1000店舗以上の繁盛店分析を基にした飲食店の業績向上のためのノウハウを持ち、10店舗未満の比較的中小飲食店の売上向上のための具体策に強みがある。現在はブッシュフィールド株式会社の代表取締役を務める。専門性の高いノウハウを元にクライアント企業を繁盛に導いている。