中小企業の経営コンサルティング会社 (株)Pro-D-use【プロディーユース】のロゴ

コンサルティング事例紹介

Consulting Caseコンサルティング事例

コンサルティング事例

食道楽卒業記念撮影_201805

祝卒業-3年間を振り返って-

代表者 代表取締役 新井敏夫
業種 飲食業
従業員数 従業員数 15人
WEB http://shokudouraku.com/

祝卒業-3年間を振り返って-

早いものでPro-D-useさんと出会ってもう3年になるのですね。お付き合い当初、「3年を目標に卒業してください」と言って頂いたのが現実になり、寂しい気持ちもありますが、それよりも胸を張って、卒業できる感謝の気持ちが勝っています。本当に3年間ありがとうございました!私が当初にお伝えしていたこの3年間にやりたいことですが、

・先代の50年の歴史と、私の独自カラーを融合し、ここにしかないコンセプトを作ること

・そのコンセプトをお客様に伝えるための、お店の目玉企画、定番企画を作ること

・それらを、自分たちだけでまわせるようになること。

ということで、この3つを目標に一緒に走ってきましたが、まさに丁度それが終了。おまけに法人化や事業計画などのサポートまでもして頂き大変満足しています。

私たちにしかできないお店創りが実現し、事業の下地ができたので、これからもっと確固たるものにしていきたいと考えています。また私たちだけではできない課題が見えた時には必ず、(しつこいですが)必ずまた相談したいと思っています。

 

具体的にどのような所に変化を感じますか?

Pro-D-useさんと一緒に仕事をしてきたこの3年間、ずっと売上が上がり続けています。

リニューアルするタイミングでお付き合いが始まりましたが、本店は、リニューアル前300万円台、リニューアル後600万円後半でした。Pro-D-useさんは、リニューアルした際に「頑張れば、800万円くらいのキャパまでならいける」とおっしゃっていたのですが、私たちは600万円でもおおいそがしだったので、正直イメージできていなかったのですが、今ではその大台もクリア。どこまで伸びてしまうんだろうと期待しています。笑

初めてお会いしたときに「平日の売上が伸び悩んでる」と相談したのですが、「土日を伸ばせば土日に来れなかった人が平日に来る」といわれてて、まさにそれが現実になったなあ、と思い返してみるとなんだか感慨深く感じてしまいますね。それ以降、売れているモノを売れている時にとことん売りに行くことを商売の鉄則として学び、実践しています。

 

卒業して、次のステップで取り組みたい事

今回、Pro-D-useさんと一緒に走ってきて、全国どこをさがしてもここにしかない、「もみこみ焼肉」という業態と、私たちにしかできないお客様とのコミュニケーション方法が確立できました。ここに、もう少し自分自身で新商品を加えていき、スタッフの地力をつけていきながら、会社をFC展開したり、お肉を小売する事業にチャレンジしたり、また新たなチャレンジをしていきたいと思っています。

まずは自分でチャレンジしてみて、伸び悩んだり、不安なことがあれば、またPro-D-useさんのお力をお借りしたいと思っています。

どういう会社にPro-D-useはおすすめですか?

最終的にはというか、基本的には自分でやれるようにしたいと思う会社がいいのではないでしょうか。コンサルタントのいうことを鵜呑みにして事業をやるようでは、それは自分で開業した意味がないと私は考えていて、(あくまで私の考えです)とにかく自分で色々やってみる。それで本当に困ったらコンサルタントを探す。独立するからにはこの手順が正しい手順だと私は考えています。

 

Pro-D-useと言う会社は、私たちにとっては当たり前に考えていた自社の特徴をとらえてくれるし、正解を押し付けるわけではなく、一緒に考えてくれます。私たち自身の「やりたい」「実現したい」をよりシャープにしてくれますが、その一連の価値も、一回自分でやってみて苦労したりとか失敗したりする経験がなければ、Pro-D-useさんたちの価値にも気づけないのではないかと思います。

 

私は、自分でやってみてできなかった領域をPro-D-useさんと一緒に仕上げることができました。ここから先は、私自身もまだチャレンジをしたことがありませんので、まずはチャレンジ、困ったらまたお力をお借りしたいと思っています。

 

そういう意味で、自分で色々やってみて、できなかったことを実行するために力を借りるのが一番いいのではないかと考えています。実際、Pro-D-useさんに「どういう会社が伸びますか?」と聞いたことがありましたが、「泥水のめる経営者」とご回答いただいたのを覚えています。まずは泥臭くやってみることが大事でその上で経験を整理してもらうのが一番いいかと思います。