中小企業の経営コンサルティング会社 (株)Pro-D-use【プロディーユース】のロゴ

コンサルティング事例紹介

Consulting Caseコンサルティング事例

コンサルティング事例

オシャレな内装_BOMATokyo

BOMATokyo

代表者 取締役 小崎良太・小野田賢
業種 飲食業
従業員数 従業員数 20人
WEB http://www.boma-tokyo.com/

お悩み詳細

とにかく売上にムラがあるのが最大の悩みでした。飲食店という業種的にも季節変動がかなり大きいですし、また、渋谷という街の特徴としても団体のお客様が入れば大きく跳ね上がりますが、逆に団体が入っていないと暇な時間がちらほら…。しかも、その団体も値下げに値下げを交渉されて予約が入っていたので、実は利益が全く取れていなかったなんてことも…。それに加え、特に売上の目標を立ててお店の運営をしていたわけでもなかったので、正直、今週・今月がいい状態なのか悪い状態なのかも分からずに運営をしていました。よくありがちなのかもしれませんが「何か正解で、何をどうやっていいのか分からない」そんな状況に陥って、売上がなかなか上がっていかず、一等地にあるので家賃に圧迫されるような形でお店も黄色信号。正直な話、お店を畳んでしまうおうかという話も頻繁に出ている状態でした。

ロゴ_BOMATokyo

ソファー席_BOMATokyo

オシャレな内装2_BOMATokyo

改善・解決策

  • 品揃え戦略
  • 利益型商品/粗利ミックス商品の開発
  • 夜のお客様の単価アップ
  • 日替わり商品メニューの作成でお客様に分かりやすく
  • 利益が上がる商品+品揃えの最小化+使えるシーンの整備
  • メニュー表やポップ類の整備・レクチャー、立て看板等(販促)
  • 誕生日メニューの強化
  • 収支表の作成
  • 企業への営業活動開始(足での営業、FAX DMなど)
  • テレビ関係者とのコネクション

など多数。

ジャークチキン_BOMATokyo

冷製パスタ_BOMATokyo

誕生日ケーキ_BOMATokyo

肉盛り_BOMATokyoのコンサルティング

結果(数値的根拠)

まずは何よりも、売上の安定性が増したことですね。具体的には、平均売上が500万前後だったところが、今では平均650万円まで上がっており、ピークの月では1000万円前後までいくようになりました。また、客単価がアップしたことと、質の悪い(利益率の低い)宴会が減って、個人のお客様の来店数が増えました。特に昼間のお客様層はガラっと変わりましたね。今では、ランチは小さなお子様連れの若い女性のお客様に多くご来店を頂けるようになりました!(渋谷の界隈では珍しい)

他には、数字にこそ直接表れませんが、新しいことに挑戦することに対して抵抗がなくなり、様々なことにチャレンジができるマインド(心持ち)が備わったのも変わったところでしょうか。例えば、以前は行っていなかった勉強会や交流会に行って知識やコネクションを作ったり、近隣のお店や会社とコラボした企画を積極的に行ったりもできるようになりました。

オシャレな内装_BOMATokyo

ママと子供イベント_BOMATokyo

キッズプレート_BOMATokyo

お客様の声

何を、いつまでに、どうすれば良いのか?これを1つ1つ一緒に考えて、一緒に並走して進めてくれることが非常に経営者としては有り難いです。これからは、BOMATokyoの売上が安定してきたので、次のチャレンジ(新業態の新規店舗の出店や有名人とのコラボ企画など)を計画中です。また、今期は「BOMATokyoらしさ」や接客の更なる向上、評価制度などの人事制度の整備も同時に進めて、しっかりした組織としての基盤作りを頑張りたいと思っています。

経営者が前向きになると、不思議とお店も以前とは空気も売上も変わってくるものです。たまに厳しいことも言われちゃいますけど、Pro-D-useさんに一緒に並走をしてもらって、何をして良いかモヤモヤしていた私たちも前向きになれましたので、皆さんの中に、もし何かをしたいけど、何からやれば良いのか分からない、アドバイスが欲しいという方がいらっしゃれば、1度Pro-D-useさんに相談してみるといいと思います。